サパティスタ武装蜂起10周年
2004年6回連続講座
「国際先住民族の10年」最終年

無数の「もう、たくさんだ!」の声が聴こえる


グローバル化に抵抗するラテンアメリカの先住民族

 経済のグローバル化、開発政策、また「対テロ戦争」や麻薬撲滅戦争に
ともなう軍事化は先住民族にどのような影響を与えているのか、そして
市場万能主義と開発政策に対するオルタナティブとは?


●第2回 「開発と先住民族――エクアドルを中心に」●

第2回講座ではエクアドル先住民族運動の歴史と現状、麻薬撲滅戦争を
中心とした「アンデス地域イニシアティブ」の概要に加え、アウキ先住
民知事率いるコタカチ郡の森林保護、エネルギー政策、エコツーリズム、
民芸品のフェアトレード、民衆議会などのとりくみを紹介します。

■日時: 5月15日(土)午後5時〜8時
■	会場: 法政大学・市ケ谷キャンパス/ ボアソナードタワー3階マルチメディア教
室 
■発言者:新木秀和(神奈川大学教員)
―国家・民主主義・開発の新しいあり方〜エクアドル先住民族
が問いかけるもの
          中野憲志(IMADRグァテマラプロジェクト)
          ―米国の『アンデス地域イニシアティブ』と先住民族
          藤岡亜美(ナマケモノ倶楽部)
          ―『鉱山にNO、生命にYES』〜コーヒー栽培による森林保護と
エコツーリズ
        (スライド上映あり)
■資料代:500円



●第3回 「中米の経済統合と先住民族」●

第3回講座では、自由貿易協定のさきがけであるNAFTA(北米自由貿易
協定)の先住民族への影響と、開発援助の理念・手法と先住民族との関
係を考えます。
 また、先住民族の女性たちは中米でも南米でも、開発や自由貿易を推し
進める構想や計画が、女性に対する搾取や人権侵害を増幅させると反対の
声を上げています。先住民族女性の視点から見た問題点もとりあげます。

■7月3日(土)午後5時〜8時
■	会場:法政大学・市ケ谷キャンパス/ ボアソナードタワー3階マル
■	チメディア教室
■発言者:狐崎知己(専修大学教員)
   ―自由貿易、開発援助と先住民族の暮らし
  藤岡美恵子(法政大学非常勤講師)
  ―先住民族女性の視点からみた開発と自由貿易
■資料代:500円

法政大学・市ヶ谷キャンパスへの交通:
http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campusmap/ichigaya2.html

ボアソナードタワーの場所:
http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campusmap/ichigaya1.html

■主催:現代企画室
	TEL: (03)3293-9539 FAX: (03)3293-2735
E-mail: gendai@jca.apc.org
 反差別国際運動(IMADR)グァテマラプロジェクト
TEL: (03)3586-7447 FAX: (03)3586-7462
  	E-mail: imadris@imadr.org
 法政大学国際文化学部 (連絡先・今泉研究室 TEL: (03)3264-4789)

■連続講座賛同団体
アジア太平洋資料センター/エスニックコンサート実行委員会/
FoE Japan/サバイバル・インターナショナル日本/市民外交センター/
ジュマ協力基金/先住民族の10年市民連絡会/中米の人びとと手をつな
ぐ会/ナマケモノ倶楽部/日本ラテンアメリカ協力ネットワーク
(RECOM)/ピープルズ・プラン研究所/メキシコ先住民運動連帯関西グル
ープ/ヤイユーカラの森/琉球弧の先住民族会